医療現場もグローバル化!?

こんにちは。ILC国際語学センターの大本です。
たまたま訪れた病院で突然外国人に”Where is the Examination room?” 
と聞かれたらどうしますか?周りの看護士さんに聞いて答えてあげたり、
案内図を探して説明してあげたり、色々な対応があると思いますが、
そもそも“Examination room”という単語を知らなければ、対応に
困ってしまいますね。

本年1月から「医療滞在ビザ」の運用が開始され、外国人患者が日本で
医療を受ける際の法的整備が進みました。外国人患者が今後増加して
いくことが予測される病院では、患者応対をする医療従事者の外国語
コミュニケーション能力が求められています。ILCの医療英語コースでも、
医療現場のグローバル化に貢献できる講座を実施しています。今日は、
その中のひとつ、医療英語教師養成講座で使用しているテキスト
『医療コミュニケーション』の中から、病院案内に使われる単語や
表現が学べるエクササイズをピックアップしてみました!

————————————————————————————–
Vocabulary
1.下記は病院の案内図です。各科の名称を選択肢から選び、案内図を完成させましょう。
2.選択肢の中に、案内図にはない診療科が1つあります。それは何科ですか。
(記号   )(日本語名称:        科)
vocab

Writing
以下の、方向や位置をあわらす図を参考に、(  )内に適切な英語を入れましょう。

medical12
medical21